秋はサンマ! ワインで愉しむのもアリだよ

2016.08.31 Wednesday

0

    JUGEMテーマ:ワイン

    プロフィール
    いろいろナイショな「アラフォー女子」 ( 夏が楽しかったのは、幾つまでだっただろうか? ついつい遠い目になる秋・・・)

     

    初秋というか、夏の終わりになると サンマが気になってくるよね。
    ニュースでも「今年のサンマ漁は・・・」とか話題になってくるしさ。
    スーパーの店頭でも、見かけたよ。
    まだまだ ハシリの時期は高いんだけどさ。
    少しずつ秋風とともに、価格もこなれくるのがサンマの庶民派なトコだよね。「生サンマが届いたよー」と、お裾分けを戴いた。たまにはワインでね。

    王道の塩焼きには、柑橘系をたっぷり使って、醤油はごく控えめに。カボスやスダチ、レモンだけで味わうくらいでも、私は好きかな。

    柑橘系の香り・味わいとサンマのワタのやわらかい苦味、これには軽い酸味のさわやかな赤ちょっと濃いめのロゼがいいかな。
    サンマは海の魚だからワインもやはり
    海のワイン(海洋性気候の産地)でいこうかな!
    海のワインは山のワイン(内陸性気候の産地)に比べて激しくなく、穏やかですから。
     

    すだち


    鮮度がいいサンマだから、刺身や酢〆もイケるよ。
    白ワインと合わせるから、カルパッチョ風にアレンジするんだけどさ。

    【サンマの刺身 簡単カルパッチョ風】
    ・サンマの刺身
    ・イタリアンドレッシング
    ・塩コショウ、オリーブオイル

    1.皮を剥いでも、刺身状態にしたら、イタリアンドレッシングで軽くマリネ
    2.塩コショウ、オリーブオイルで、カルパッチョ風にアレンジ
    3.レモンなど柑橘系を絞って、たっぷりかけると更にOK


    ドライなばっかりの白よりも、酸味さわやかで、やわらかな味わいのスパークリングワインを、しっかり冷やしてね。
    泡とマリアージュしたサンマは、秋に感謝したくなるよね。

    大量にサンマがあるし、オリーブオイルとニンニクで、香草焼きもアリ!
    爽やかなタイプの赤を、軽く冷やしてもイケる。

    ありがとう サンマ! ありがとう 秋!!

     

     

    エイトポイント バイ インヴィーヴォ セントラルオタゴ ピノ・ノワール

     

    エイトポイント

    サンマ塩焼きにはワタのやわらかい苦味と柑橘系の酸味に合せて軽いさわやかな酸味のワインをご用意いたしました。
    しかも脂ののったサンマですから、あまり激しくない海の赤ワイン(海洋背気候産地)をおすすめします。

    ■原産国:ニュージーランド
    ■タイプ:赤 辛口 軽○ ○ ● ○ ○重
    ■容量:750ml
    ■ブドウ品種:ピノ・ノワール100%
    ■ワイナリー:インヴィーヴォ

     

    ↓↓↓お買いものはこちらから↓↓↓

     

     

     

    アンナ・スピナート プロセッコ スプマンテ ブリュット トレヴィソ

     

    プロセッコ

    果実味豊か、さわやかな酸味、やわらかな泡は新鮮なサンマの刺身やカルパッチョと絶妙なハーモニーを醸しだすでしょう。
    プロセッコ・ブリュットは珍しい辛口タイプ

    ■原産国:イタリア(ヴェネト州)
    ■タイプ:白 スパークリング 辛口 軽○ ○ ● ○ ○重
    ■容量:750ml
    ■ブドウ品種:プロセッコ
    ■ワイナリー:カンティーナ・ラヴォラータ

     

    ↓↓↓お買いものはこちらから↓↓↓

     

     

     

    ロザロー ネグロアマーロ・ロゼ サレント

     

    ネグロアマーロ ロゼ

    ロゼワインは一般的に赤と白の中間とは言われますが、実は非常に多様性一杯のワイン。
    南イタリアのロゼワインは色も香りも味わいも濃く、味わいの濃い魚介類料理に最高の取り合わせ。

    ■原産国:イタリア(プーリア州)
    ■タイプ:ロゼ 辛口 軽○ ○ ● ○ ○重
    ■容量:750ml
    ■ブドウ品種:ネグロアマーロ100%
    ■ワイナリー:フェウディ・ディ・グアニャーノ

     

    ↓↓↓お買いものはこちらから↓↓↓

    スポンサーサイト

    1970.01.01 Thursday

    0
      コメント
      コメントする