夏バカンス! 南の島より涼しい高原の風に

2016.08.01 Monday

0

    JUGEMテーマ:ワイン

    プロフィール
    いろいろナイショな「アラフォー女子」(南の島で日焼けより、高原の涼風が心地よいと感じる 今日このごろ)

     


    夏のバカンスと言えば、南の島、海辺のリゾート
    青い空 白い雲 遠浅の砂浜 ヤシの木 ハンモック 冷えたビール なんてのが
    若い時期の憧れというか 定番の夏休暇イメージだったけどね。

    今は、海辺よりも高原 夏は暑い南よりも 涼しい場所に行きたくなっている。
    そう やっぱり 高原の避暑地は 軽井沢だよね。

    山梨の富士五湖あたりや、八ヶ岳なんかも東京からはアクセスがよくて、便利なんだけど
    やっぱりブランドイメージとしては、軽井沢ブランドは鉄板です。

    夏休みは、親の代からの別荘を、軽井沢の高原にもってる友人のところに滞在です。
    学生時代は、夏はテニスや、庭でのバーベキュー、冬はスキーに! と活用させて貰った別荘です。
    さすがに建物は古めかしくなってるけど、手入れが行き届いていて、快適です。
    やっぱり、標高が高いから 夏でも涼しいんだよね。

    彼女に言わせると、長野側の高級な場所じゃないけど
    そのぶん、浅間山の北側は標高が高くて、涼しいんだとか。
    アウトレットのある軽井沢駅の方や、旧軽の別荘地は朝霧がでるくらいに湿気もあるので 晴天率も低い
    カラリと晴れて涼しいのは、北軽井沢の方なんだよ! と。
    確かに、湿気が無くて 涼風が心地よいのは、高原ならではの 心地よさ

    「ねぇ 昨日、買った軽井沢ビール飲まない? シードルの方が気分かな?」
    「アイスプランツとルッコラ、ベビーリーフでサラダにしようか」
    「アイスプランツって、何もつけなくても ほんのり塩味だし、美味しいよね」
    「プルサンも出して あ、バケット焼く? カンパーニュもあるよ」
    「それなら、やっぱり泡じゃないの?」

     

     

     

    冷凍パン生地 ドライフルーツと木の実のパン(10ヶ)
    パン生地

     

     

    ブルサン ガーリック&ハーブ 100g

     


    湿気が少ないのは、北海道みたいで 夏でも爽やかなのは、やっぱりいいわ。
    陽射しは強いから、昔みたいにテニスコートなんて 紫外線が怖くて出られないけど・・・
    雑木林の中は、木漏れ日がキラキラするくらいだし、木陰は風が気持ちいい!

    「こんな日は、ミネラル感のある 白ワインが美味しいのよ!」と
    嬬恋の高原キャベツをたっぷり使った「キャベツとアンチョビのパスタ」を
    デッキで 涼風を感じつつ 乾杯する。


    【夏の高原キャベツのパスタ】レシピ
    ・キャベツ
    ・アンチョビ(ペーストやフィレ)
    ・パスタ
    ・オリーブオイル
    ・ニンニク

    1.たっぷりの湯を沸騰させ、多めに塩を入れてから、パスタを茹でる
    2.アルデンテの一歩手前で、ざく切りのキャベツも鍋に投入し、1?2秒でパスタと共にザルにあげる
    3.鍋にオリーブオイル、みじん切りのニンニク、アンチョビで軽く炒め、パスタとキャベツを戻し入れ、ざっくり和える

    ※アンチョビのみで、塩味をつけるので、お好みで入れすぎると塩辛くなっちゃいます。
    ピリ辛にしたいときは、オリーブオイルに唐辛子を入れるとペペロンチーニ風に大人味になります。
    高原キャベツは生でも甘くて美味しいので、加熱し過ぎず、ホンの一瞬だけ湯通しする感覚で!


     

    ADMIRAL アドミラル アンチョビ・フィレ 50g缶
    アンチョビフィレ

     


    やっぱりブランドでもある嬬恋高原キャベツの甘味は絶品なので、ワインはスッキリしたタイプが合うね。
    おとなのピリ辛味にしたときは、冷やしたロゼでも美味しいんだけどさ。

    夏休みを、山の中で涼しくノンビリと美味しいワインを飲みつつ過ごすってのも、大人だよねぇ?
    軽井沢にはアウトレットもあるし、別荘族向けの紀伊国屋みたいな高級スーパーには、食材も揃ってるから不自由しない。
    最近は、宅配でも色々と取り寄せられるし、時餅の野菜は産直の露店に安くて新鮮なのが並んでる。
    朝どりトウモロコシなんて、生で食べられるくらいにフレッシュで甘い!

    別荘は無理だけど、バブル期に建てられたリゾートマンションなら、数百万で買えるんだってさ。
    明日は、ちょっと見に行こうか? 温泉付きの物件もあるらしいね。

     

     

    おすすめのワインはこれ!

     

     

    カザルガルシア ヴィーニョヴェルデ
    ヴィーニョヴェルデ

    やわらかく、やさしい泡が新鮮な酸味を引き立てるポルトガル独特のワイン。
    ビール代わりにおしゃれに楽しむ方が多いです。

    ■原産国:ポルトガル
    ■タイプ:白 微発泡 辛口 軽○ ● ○ ○ ○重
    ■容量:750ml
    ■ブドウ品種:トラジャドウラ、ロウレイロ、アリント、アザル
    ■アルコール度数:9.5%
    ■ワイナリー:アヴェレーダ



     

    イエローグレン イエロー・ブリュット キュヴェ
    イエローグレン

    ドライフルーツたっぷりのカンパーニュや、ハーブのブルサンなどには、果実味の豊富な、豊かな味わいの、質のいい甘すぎないスパークリングが最適です。キッリと冷やして、緑陰ブランチで。

    ■原産国:オーストラリア
    ■タイプ:白 スパークリング 辛口 軽○ ○ ● ○ ○重
    ■容量:750ml
    ■ブドウ品種:シャルドネ72%、ピノ・ノワール25%、その他3%
    ■アルコール度数:11.0%
    ■ワイナリー:イエローグレン


     

    マナ バイ インヴィーヴォ マールボロ ソーヴィニヨン・ブラン
    マナ

    アンチョビの塩味と、キャベツの甘味には、ミネラル感の強いサッパリ系の辛口の白がオススメです。
    黒コショウなどのスパイシーな香りをもつタイプも合います。花の香りや果実味は無くて良いので、とにかくドライなキリリとした感覚の白が美味しい。

    ■原産国:ニュージーランド
    ■タイプ:白 辛口 軽○ ○ ● ○ ○重
    ■容量:750ml
    ■ブドウ品種:ソーヴィニヨン・ブラン100%
    ■アルコール度数:12.5%
    ■ワイナリー:インヴィーヴォ

    スポンサーサイト

    1970.01.01 Thursday

    0
      コメント
      コメントする